インドア派。

日常のメモ書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箱○アーマード・コアV レビューの皮を被ったなにか

2012071801.jpg
 ARMORED CORE V / FROM SOFTWARE / PS3 & Xbox360 / 2012/01/26 release



---


 だいぶ寝かせちゃったけど。

 ゲームソフト ARMORED CORE V について思ったことなどを書いていきます。たのしい謝罪文付き。
 ネタバレあります。あと良点については妄想も垂れ流してますのでその点もご注意を。

 ただ、私の思考はオフライン寄りですので、オンライン関連の興味が薄いということだけご理解ください。なので以下の文章は一切アテにならないです。

 続きからどうぞ。


---

 (※以下の文章は、ゲームソフト「アーマード・コアV」のネタバレを含みます)

---


 
 





---

 ACとは、自己の為に相手をねじ伏せる暴力にすぎない。

---








【ご注意】
 以下の文章は、2012/4/2時点、Xbox360版でのプレイをもとに記述しています。(すっかり忘れてて寝かせすぎました)
 また、すべて私見であるため、ゲームソフトの評価として適切なものではありません。








---
・気になった点まとめ

 ここはこうしたらよかったと思ったところ
  1, 領地ミッションはやたら時間取るし私には合わないみたいだ
  2, × 武器成長  ◯ 面倒なクジ引き
  3, 対戦モードのリスポンルールと観戦モードがない
  4, シングルミッションのハードモードがない
  5, ACパーツのスペックはもうちょっと尖っててもよかったのでは
  6, 取り返しのつかないオーダーミッション


 私が面白いと感じたところ
  1, ストーリーミッションが見てて楽しい
  2, BGM
  3, ACのデザイン
  4, オーバード・ウェポンがかっこいい
  5, エンブレム作成機能がすごい、人のエンブレムがすごい
  6, マリー伍長を困らせてローザ軍曹に叩かれたい



  (下のものほど重大と感じた点)



---

・以下、こうしたらよかったと思った点についての補足

---


2, クジ引き武器成長システム
 あれだけ煽っといて、「最良パラメータは決まっていて、買ったパーツ個々の到達パラメータがランダムなだけ」というオチ。ズコー。
 これってチューンナップじゃダメだったの?


3, 対戦モードのリスポンルールと観戦モードがない
 これさ、もしも話するけど、死んだらアセンブル画面行きで再出撃ってのを時間いっぱいできたら楽しそうだよね


5, パーツについて
 パラメータ調整はもう知らない。開発側がパラメータの意味を理解してないぞこれ。
 いや、パラメータとかそんなことはどうでもいいんだ
、それよりも新要素のいくつかが思ってたより地味だったのが個人的にもやもや。
 具体的に言うとダメージ値2/3しかカットしない跳弾システムと、2脚・4脚では片手ずつしか撃てないキャノン系特性。ただでさえdmg値のチキンレース状態なんだから、弾ける攻撃にはもっと鉄壁に、そいつを超威力のキャノン系ダブル撃ちでぶっとばすようにしたほうが絶対楽しい。

 なに?そうするとACの性能が上がり過ぎちゃうのか?よし、じゃあ、オーバード・ウェポンの攻撃力を一律500,000アップしよう!こうすることによって、普通のACが弱くなったように見える。





6, オーダーミッションについて
 これについてはわたくし、謝罪しなければなりません。本当にごめんなさい。もうこれは、ブログの知名度とか関係なくすいませんとしか言えない。当ブログは、過去に、アーマード・コアVという製品に勝手に強い期待を抱き、過大評価をした記事を掲載しておりました。完全に私の手落ちです。皆様には深くお詫びし、また該当の記事を訂正しております。私完全に舞い上がっておりました。フロム・ソフトウェア様は悪くありません。全部私のせいです。大変申し訳ありませんでした。
 私からの言い訳をさせていただくならば、"過去最大のボリューム"という点におきまして完全に誤った解釈をしておりました。Vのオーダーミッションは殲滅戦は勿論、他にも、潜入や警護あるいは奪取、破壊工作、探索など、過去の焼き直しでも構わないので個性的なミッションでボリュームを付けているのだろうなと勝手な勘違い、思い違いをしておりました。本当に申し訳ありません。


いやあもうオーダーミッションに限っては本当に参った、ここまで俺に合わないとは思わなかった。
コピペと水増し全開な殲滅戦を83回も繰り返しとはね。
ああやめだやめだ、よし、やっぱ俺アナザーエイジやってくるわ。
あと、フロムは声優さんに謝ろう。早く。一刻も早く。俺も一緒に謝るから。






---

・以下、面白かった点のまとめ

---

 (再掲)私が面白いと感じたところ
  1, ストーリーミッションが見てて楽しい
  2, BGM
  3, ACのデザイン
  4, オーバード・ウェポンがかっこいい
  5, エンブレム作成機能がすごい、人のエンブレムがすごい
  6, マリー伍長を困らせてローザ軍曹に叩かれたい


  (下のものほど重大と感じた点)

---


面白かった点についての補足

---


1, ストーリーミッションについて
 全10面。やらなくてもいいことを省くと1面5分掛からない(=ショートミッションと大差ない)のがズコー。この構成はなんとかしたほうがいい。
 とはいえ刺激的なセリフや、キャラクター。カメラ視点の煽り方とか、スタートからの流れとか、あと特に音楽の使い方。だいたいはありがちなんだけど、ACでやるとこうなるんだなあというか。新鮮でした、見てて面白かった。
 主人公もキャラ設定無しな雇われ他人扱いされててよかったです。もっと空気でもよかったくらい。このへんはアーマード・コアしてるなあって。

 これ、続編あるならもっとやってほしい。もっと遊んでみたい。



3, ロボットのギミックについて
2012071802.jpg
(遠距離砲撃を主軸とした支援機であるが、緊急時にはドリルチェーンソーに持ち換え、捨て身の特攻をかける、アサクロたん支援用AC。※写真は組み立て例です。)

 まずモーションがイカす、中二と重二の重厚な前進は"いかにもそれっぽい"のがワクワクするし、軽足と逆足と四脚がデシデシ走ってるのは可愛いし、タンクはとうとう無限軌道が回るし。あとキャノンの構え方だとか予備の銃の装着方法とかブースト・ドライブの瞬間とかアンバランスな機体デザインとかオゥバードウェッポンだとか、これもう1日中組み立てて眺めてるだけでも飽きない。
 デザインについてはもう、現実味とか実際動かしたらどうなるかとかは完全無視の、「ロボットに機能を付けてたらこうなっちゃいました」感がにじみ出ててイイ。
 こいつらがもう壁は蹴るわ敵は蹴るわのヒーロー的な動きをする一方で、機体が見てる方向(正面)にしか銃を撃てないアナログぶり(ここがなんともアーマード・コアしてるじゃありませんか)、これらが歪に絡み合ってて大変よろしい。

2012071803.jpg 2012071805.jpg
(長射程カノン砲を構えるAC。その砲身は長大である。3連射が可能。)

 ACの3Dモデルは、ギミック表現に大部分を割いているのか、基本的に汚く見える、たとえば円形の燃料タンクとか、車輪とか、銃口とかの、本来は丸いデザインの部分はほぼ全部ガビガビ、或いは、複雑なパイプ部分などはかなりチープ。でも、そのお陰でレールキャノンのスタビライザーが開いて、2脚の盾が開いて、4脚のアウトリガーが地面に刺さって、キャタピラが回って、トリスタンがREDEYEになって、OWの巨大アームがメキメキ動くんだったら、僕はその心意気に拍手したい。



4, オーバード・ウェポンについて
2012071804.jpg
(ドリルチェーンソー、『グラインドブレード』を使用中のAC。モニタが激しく乱れ、エラー・ダイアログも不正に表示されるなど、"乗っ取られている"様子がわかる。)

 オーバード・ウェポンは、ACなら直撃すれば確実に粉砕して余る威力を持っていて、それから、発動中は機体の性能が増強されて、ブーストは吹かせ放題で、強力な攻撃をいくら食らっても(それで機体が破損しない限りは)止められなくなる、そういう状態で凶暴な武器を振り回すわけだ。これはただの強力な武器ではなくて、「ACそのものを過剰な兵器に変える装置」というニュアンス。旧来の強化人間の具現化かもしれない。
 リスクとして、これらの規格外パーツは短時間しか使えず、使用しているAC自体に強烈な負荷をかけて破壊していく。フレームが歪んで関節が捻れて電子回路もずたずたになってコンピュータが危険を騒ぎ立てながら暴れ続ける、まるで敵も自分も真っ黒に焼き尽くすかの勢いだ。アート。これは芸術だよ。

 ひとつ欲を言うと、OWがメインで絡むシナリオが見たかったなー。








5, エンブレムについて
 先にお詫びさせていただきます。
 まったく関わったことのない方々をオチに使います。申し訳ございません。

 これはすごい。自由度がすごい。もうなんか自由すぎて、これもうゲームの批評してる場合じゃない、

 もうゲーム画面にユーザー自作のおっぱいエンブレム多発でエロゲー化してますよ!これが彼らの選択なのだな。

 いやすごいですよこのおっぱい!見て!これ!

 ほら僕、ゲーム画面の写真撮ったんで!よそのチームのエンブレム!見てくださいよ!ほら!
 イアッコスのエンブレム越えてますよこれ!抜ける!すごいですよBEDLAMさん!このエンブレムはすごいですよ!






















2012032601.jpg
 いやこれはすげえわ!





























2012032602.jpg
 すいません間違えました、こっちでした

















---
・まとめ
 例えるなら熟れた果実のように、ジツに長所が飛び抜けている、それによってあらゆる短所は打ち砕かれた。このゲームはおっぱいを愛する有志によって救われたのだ。

  ARMORED CORE V には欠点が目立つ。しかし同時に、ACが踏み込んだ新しいステップや、いくつもの可能性も感じさせてくれた。

 また、発売当初に存在していた欠点のいくつかは、少しずつではあるが、改善され、それは今も続けられている。

 だから私は信じている。 ARMORED CORE V には、いつか必ず輝く時が来ると。
 あの日見た、2つ並んだ太陽のように、沈められてなお浮かび上がった、チームBEDLAMのおっぱいのように…




















 ただねえー、オーダーミッションについては今後もネチネチ言っていきますよー僕は。ねえ、鍋島く~ん?おーい。随分とおみまいしてくれたじゃねえかぁ?えぇ?
 いやぁー気持ちいいくらいおみまいしてくれたなあー、おーい。鍋島くんさあ、たぶんねえ、これやった後にアナザーエイジやったらすごく楽しめると思うんだなあ僕ぁ。やっぱりねえ~、アナザーエイジはねえ、あれはねえwwwミッションをちゃんとリストで表示してくれるからwwwやりたいミッションがすぐできるからwwwwwねえ?なんなら巨大兵器だって気兼ねなくいつでも見に行けるから。うん?時間なんて気にしなくていいんだよ?時間なんてねえ、"運営が出してる予定表"なんていちいち見なくていいんだから。自分が行きたくなったら、行く。これはすごいことだよ。だってもうそんなすごいことを2001年の4月にはやってたんだからこの会社は。

 え?いや、いや!いや!ちょっと待って!違う違う違う!そりゃ不満だったけど!違うって!僕はべつに「アナザーエイジを入れろ」って言ってるわけじゃなくて!ただね!いくらなんでもあんな拷問じみた、生き地獄みたいな83回も繰り返しのオーダーミッションはナシだって事をね僕は…、いやちょっと待ってwwwwそーじゃなくて…wwwwいやなにもそんなね、いや違う違う違う、そりゃたしかに不満あるけど、不満もあるけども…、え?いやだから!不満じゃなくって!楽しい点もいっぱいあったよってことを、いやいやいやロボットはかっこいいし、オーバード・ウェポンもかっこいいし、でもそればっかりじゃないよってことを僕はね、いや違う!違うって!大丈夫です!大丈夫だって!問題ナシ!問題ナシ!僕は一生アーマード・コアします


 
スポンサーサイト
  1. 2012/07/19(木) 21:34:23|
  2. アーマード・コア的なやつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネットゲームを題材にした二次創作文章 | ホーム | 大発覚!!隠されたオーバード・ウェポンのひみつ!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://muramasaginka.blog66.fc2.com/tb.php/273-c9a41275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。