インドア派。

日常のメモ書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひとつの命の先には、家族があり、友があり、そして愛するものがある

劇場版 "牙狼 -GARO- RED REQUIEM" 観てきた。

 牙狼といえば深夜枠の特撮ドラマを皮切りとした、現代を舞台にダークな雰囲気と、VFXを駆使したダイナミックかつ重厚なアクションシーンなどがファンの間で話題となった作品であります。
 斯く言うわたしも、その第一話にて光と共に現れたまばゆく輝く黄金の鎧、刃の擦れ合いに飛び散る火花、そして強力無比に他ならない一撃両断、そのすべてを目の当たりにしたとき、あまりの衝撃から涙を流すほどに奮え、それと同時に、この作品は傑作になると確信したのでありました。

 それらの感動は映画という舞台に移っても何ら変わることはなかったのです。
 そうして思い出しいしい感想を書き流したのですが、ネタバレを伏せたらまったくわけわかんなくなりました。


 ちょっと長いので続きからどうぞ。

---






公式
http://www.garo-3dmovie.jp/

---
外伝的な位置付け。TV版の後の話。たしか鋼牙くんは担当地区が変わったんだったよね。登場人物は鋼牙くんとザルバ、ほかは新キャラ。
そのお陰でって言い方はあんまりよくないけど、お話は実に単純で、黄金騎士の活躍がたっぷり楽しめますよ。

ヒーロー物だから結果どうなるってのはわかってるのに、ハラハラしちゃったよね。

あ、斉藤洋介だ。

うわーいきなりxx1台xxxxした (※ネタバレ自粛)

鋼牙くん、立派になったなあ

VFXが相変わらず凄いよね。感嘆符100個使っても足りないくらい凄い。これ作った人たちの頭ん中どうなってんだろ。

「xxxx!」からのxxxxは俺も機会があったらやってみようと思う。 (※ネタバレ自粛)

xxxxが案外いきなり出てきたよね。アレ、もう出すの?って思ったけど、見てるうちに氷解。 (※ネタバレ自粛)

牙狼の戦闘といえば金属と金属の擦り合い火花だよね。xxxxの時はさらに映える。

個人的に「いいおっちゃん」の印象が強い斉藤洋介。お店での軽快なトークから一転、本業での本気語り口調は非凡な感じがして好き。

えー!それってアリ!?

おや?xxxxくん、お腹たるんでない

3D映像て凄いね。xxでxxがxxxxられてるシーンとか。あのガラスの破片、ホントに俺に向かって降ってきたと思っちゃったもんね。

牙狼の掲げてる「大人向けのヒーロー物」ってコンセプト、これは文字通り子供騙しが効かない。ヒーローは最後には勝つが、しかしそこに至るプロセスが求められてくる。
そこを大胆に、かつシンプルに表現したのは凄いなと。実に上手。だって、xxxxxx、xx、xxxxxxxx

ああ!xxxx!  xx?xxxxxx

これもう一回言うけど、VFXが相変わらず凄いよね。TV版の頃から思ってたけど、魔界の表現はほんとうに狂気を感じる。

予告はちゃんと見たほうがいいかと思いました。何故かって、もう、映画って枠のせいで時間が足りないから、全編しれっと、しれっとやってくれやがるから。俺、轟天の登場シーンちゃんと見れなかったぜ!

轟天さん、xxxx…xxxx; xxxxxx

TV版の時から思ってたけど、あの鎧は本当にxxxx、xxxxxxx

大ボスの圧倒的パワー!でも大丈夫!彼はガロだから!

xxxx、xxxx。xxxxx

絶対来るってわかってたんだよ?わかっててもxxのxxxx、xxxxに胸が熱くなったよ。

xxとxxで泣かせるのはやめてずるい;;;

え!?こいつとうとうxxxxxxx!?

牙狼らしい終わりかたでした。実に牙狼だったね、エピソードのひとつとして存分に楽しませてもらいました。

---
安易に見せすぎないのが牙狼のいいところだよね。凄くいいアクションをサラッと流すから、何回でも観たくなる。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/03(金) 09:29:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あれブログの更新通知がおかしいぞ | ホーム | クランツさんに自慢するためだけの記事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://muramasaginka.blog66.fc2.com/tb.php/252-d57f916d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。