インドア派。

日常のメモ書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3次元→2次元へのヒント。 時空をつなぐ扉を求めて、「超時空戦闘機 ビックバイパー」、新たなミッションへ!

---



コンピュータ (Your PC)
"周辺に、時空振動を感知!

 警告!ふたつの緊急事態が発生!
 ひとつは、定期メンテナンスの延長、もうひとつは・・・差出人不明のメッセージ。"

あなた
「ありえない、何かの間違いではないのか?」

??? (謎のメッセージ)
「聞こえるか?こちらはビックバイパー、あまり時間が無いのでよく聞いてくれ。

 忍ちゃんの新しいCGのために、キミの助けが必要だ、
 忍ちゃんが、相手が履いているズボンの下のナタを取り出し、xx(ピー)、xx(ピー)互いにxx(ピー)(以下検問削除)

 むろん、どちらか片方ではだめだ。ゲーム内と現実世界、両方でxx(ピー)しない限り、四八(しじゅうはち)二次創作に未来はない。

あなた
「・・・選択の余地はなさそうだな。」

??? (謎のメッセージ)
幸運を!




---



「次元を飛び越える、という人類共通の夢は、未だ実現されていません。

 超えられない壁というものには、いくつか理由があります。
 ひとつ、技術的問題。そして、それに由来する"超えてはならない一線"。

 それはさておき…昨晩の会話中は、まともな返事が出来ず、申し訳ありませんでした。

 夢のヒントがここに、と思うと、あまりにあまりに興奮してしまい、
 私は、Webブラウザーから、目と手を離すことができなかったのです。」


---

(※ このエントリでは、途中40分程度の動画を紹介しています。文章のコアとなります。どうかお暇な時にお読みいただければと思います)
(※ このエントリには、以下のゲームソフトのネタバレが記述されています)

 プレイステーション2 アドベンチャーゲーム 「四八(仮)」 バンプレスト


---



 
 




---

今回は 四八(仮)、 「しじゅうはち」 というゲームを話題にしたいと思いますよ。

これは、プレステ2のちょっと前のゲームソフトなんですがね。バンプレストさんが出したやつ、
サウンドノベル。怖い話を集めたやつなんですって、
「日本全国を股に掛けた大作タイトル」らしいですよ、ねぇ、シナリオ数がいくつ?70以上?ええ、僕はやったことはないですけども。

元々、ノベルゲームっていうんですか?そういうのにはあんまり興味ないし…
このゲームですね、完全ノータッチでした僕は。

とはいえインターネットやってますもので、なんだかんだで情報は入ってくるんですよね、上辺だけって言い方もヘンですけど、ゲーム好きな人でしたらね、「こういうゲームがあって、話題になってるよー」くらいの話はなんとなく拾ってますでしょ。


で、このゲームについて僕のレーダーが受け取った情報によりますと、「実際に日本全国を回って取材した」とか、「ホラー・アドベンチャー」とか、「実写を用いたリアル・サウンド・ノベル」とか、「大量のシナリオが楽しめる」とか、「半数は意味不明でフザケたシナリオ」とか、「水増し」とか、まあ、あの、僕も詳しくは知らないんですけどクソゲーオブザイヤーというですね、まあここじゃあんまり言いませんけど、そういうところでも大絶賛だったみたいです。

ええご存知の方はご存知の通り、知る人ぞ知る、一部ではクソゲーと誉れ高いあのタイトルですよ。
で、す、が、

ねぇ、なめてました。えぇ僕もとんだ情報弱者ですよ、しょせんね。千葉県の片隅でのうのう過ごしてるだけの男ですから。
なめてました。ほんと。こんなにすごいゲームだったのに、今の今まで知らないで過ごしていたなんて…
僕、まさかね、今の今まで、興味も持てない、不評ばかりバグだらけって大評判のこのゲームのこと、蔑んで笑ってましたよ正直、


ところがですよ、このゲームに収録されてる"あるシナリオ"の存在を知ってからですよ、ついぞさっきまでなめきってた僕が。

"あるシナリオ"の存在を知った途端、もう、必死になってグーグル検索してるこの緊急事態ですよ。 [ 四八(仮) ] [検索] ですよ。
ほんとに。このゲームは、本当は、もの凄いゲームだったんだよ。


そのシナリオなんですが、タイトルは "オンラインゲームの悪夢" っていうんですけどね、…

---

それはタイトル通りの、「新米の雑誌編集者が、あるオンラインゲームをプレイして、記事を書くことになった」っていう出だしの、オンラインゲームを題材にしたシナリオなんですけども、

もう、これ見ろ、とりあえず、な、このゲーム、2007年だよ、2007年、世に出たのが。




あー待ってください。すいません。もしですよ、もしこれ読んでる皆様、「2次元の女の子に興味が無い」という人は回れ右をお願いします。
すいません。さっきっから僕が凄い凄いって言ってるのは、そういう意味ですのでね。あのご理解いただければと思います。


じゃあ、ニコニコ動画さんにアップされてましたこの動画。前置きが物凄く長いですけど、がんばってください。
動画の最初のほう、レイザーラモン的な、なんかノイズが入ってますが、それはどうでもいいです。7:45辺りから本編ですのでね。ではどうぞ。


四八(仮) オンラインゲームの悪夢 1/2



つづき





どうよ!!ゲームのキャラクタが!!むこうのほうから!!こっちに!!
2次元のほうから!!3次元に来たよ!!次元を突破してるよ!!次元の壁って、ブチ破れるんだよ!!
モニターの!!中の娘が!!リアル世界に!!飛び出してきちゃったよ!!とうとう!!きたよ!!忍さん胸が!!
怖い話とか、超常現象とか、幽霊とか、そんなん、もう、どうでもいい!!2次元の女の子が!!モニターから出てきちゃったよ!!どこが悪夢だ!!

これROで言ったら、画面から可愛いアサクロたんが出てきたようなもんだろ…
四八(仮)なめてました、コレ、超良ゲーじゃん!すげえ!すげえよメシジマさん!(ゲームを企画した人の名前らしいです)マジハンパネーッス…完全に実写だこれ…(どう見てもCGです)
ねえ、可愛い女の子ってトクだよね、ねぇ、何やったって許されるんだから。モニターから出てきても許しちゃうよ俺。(そういう意味で使う言葉ではない)


何がいいってクライマックスね。この美人の女の子の、見下した視線ね。ゾクゾクしますね。いえ違いますホラーですよ、ホラー的な意味ですから、勘違いやめてくださいね。ああ可愛いなあ忍ちゃんは。
あー可愛いアサクロたんに刺されたい。手のひらに錐を打ち込まれて、抵抗できなくされた上でいたずらされたい。


いや、もう、このゲームの開発に携わった全ての方々に謝罪します僕は。バカにしてました。本当に申し訳ございません。何ってこの超展開ぶりよ。ホラーアドベンチャーなんでしょ?このゲームそもそも。実写を用いたリアルな雰囲気が売りなんでしょ?日本全国巡って、取材して作ったゲームなんでしょ?地方ならではの郷土色は?あ、東京=秋葉原=アキバ系?それで2次元かぁなるほどなるほど。いくらなんでも節操が無さすぎるんじゃないかな。

ねえ、もう、企画の人。「ゲーム中の画像は、雰囲気重視で"あえて"荒い画像を使うようにした」とか言ってたみたいですけど、アニメモードになった途端に超クリアなゲーム画面ですよ。どうよ、これ、完全に、ホイホイですよ。

---


全くもって、クリエイターの皆様の、決して夢を諦めないという姿勢。衝撃でした、本当に胸を打たれました。

「2次元の世界に行けないなら、2次元のほうから来てもらえばいい」

このゲームには、そういうメッセージが込められていたんですね…
、こんな壮大なテーマが盛り込まれていたというのに、今の今まで気付かなかったのです。自分は。己の未熟さを改めて痛感しました。
ゲーム性の違和感だとか、フリーズ頻発だとか、セーブデータ破壊だとか、そういう、うわさ話。霞んできましたもん。そういうの。ちっぽけな問題だよそんなの。このゲームはすごい。世の中あれですよ、クソゲーオブザイヤーなんて偉そうに言ってるけど、そんなのは、もっともらしい理屈を並べ立てただけの、どこまでもくだらない企画なんだと。☆5個だね。このゲームは。ホント。俺はやらないけどね。いやいいです、やりません、いりません、…すいません。


かくして「四八(仮)」というゲームの見解を、ちょっとだけ改めることができたのでした。というお話でした。ああ、なんだか清々しい。広い視野って良いな、羨ましいな。
あ、広い視野といえば、忍ちゃんルートはですね、ノベルゲームらしく分岐がいくつかあるそうなので、探してみるのも面白いかもしれないですね、
あと僕が個人的に期待したいのは、物語後半の屋上のシーンで、忍ちゃんが相手の気持ちを繋ぎ止めるために、ゲーム内と現実世界の両方から、相手がズボンの下に隠し持っているナタを、

ごめんなさいね、油断するといっつもこうなっちゃうのね。なぜか。
ああもう台無し。もう台無しなまま今回はこれにて…


あ、あと、「四八(仮)」で画像検索すると、忍ちゃんの画像がかなり出ます。世論的にはメインこれなんですね。
日本人って正直だよね、俺、日本人のそういうとこ好きよ。



…うん、じゃあ!また!
ひっでー流れ。

---





---

"四八(仮)" R-18CG 忍 検索と…

フクシマ
ダメだ、一枚も見つけられない。俺は忍ちゃんと挿し合いたいのに。
 コンピュータ、Pixivをスキャンして作品を探してくれ」

コンピュータ (Win XP)
"スキャン結果 ・・・・


187-1.jpg

 この対象のR-18CGの存在は不明です。いかなるフレーズ・ワードタグ検索も通じません。
 唯一、希望のシチュエーションを声明し、作品の完成を待つ方法が考えられますが・・・

 これには、CGの作成能力を備えている人物の協力が必要です"

フクシマ
「そうか・・・それで私は・・・。
 よし・・・Blogにエントリを作り、希望の内容を書き出す。」

コンピュータ (Win XP)
"それは非常に危険です"

フクシマ
「心配するな、歴史上ではすでに実証済みだ」

コンピュータ (Win XP)
"ひとの好意を何だと・・・"

フクシマ
「よし!時空ワープ発動!ここから移動する!」



(→ 1行目にもどる)
 
スポンサーサイト
  1. 2010/05/22(土) 08:36:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デビルサマナー山里亮太 対 秋山澪 | ホーム | 地域密着型>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://muramasaginka.blog66.fc2.com/tb.php/249-13a31348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。