インドア派。

日常のメモ書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すまなかった

夕食の話。

私の父はお酒の後にお米を食べるというタイプの人で、父が「飯」と言う頃には他、家族全員がごちそうさまを言う頃である。

今日も私が食卓を立ったのはそんな頃だった、
「立ったついでにたのむよ」

ハイハイ、と言いながらキッチンに向かう。
左手に一回り大きい茶碗を手に取り、右手指で炊飯器のカバーを押し込む。
持ち替えたしゃもじで白飯をすくう。いっぱいになるまで左手の茶碗に投げ込む


投げ込む、あれ、茶碗にはあと半分盛れるのに炊飯器の中には米粒一つ残ってない。
あれ、あれ、あ、そうか、さっき私がソーセージと一緒に食べた気がする。茶碗に大盛り。


心で詫びを入れつつ、指で米粒達を盛り上げて誤魔化すことにした
スポンサーサイト
  1. 2006/09/01(金) 23:12:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さてさて | ホーム | 取り急ぎ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://muramasaginka.blog66.fc2.com/tb.php/134-7b51086e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。