インドア派。

日常のメモ書き

ワアーーー

フロム・ソフトウェア KING'S FIELD III
プレイステーション
3DリアルタイムRPG

怪物たちの住処となったかつての王国で、堕ちた王の復活を阻む。
荒廃した王国を剣と魔法を駆使して探索し、手掛かりを集めなければならない



キングスフィールドIIIを借りたのでやってみました
これ面白い。スタートから放り出される感じだけど救済要素満載(*1)だから全然問題なし

(*1 セーブデータのロードのこと)


なお、当サイトはネタバレは避ける方向で運営しているので、以降は「開始1時間でプレイ中に発したリアルボイス」でお楽しみください

---

・戦闘時

「このxxxx」(自主規制)
「xxxx!」(自主規制)
「xxxxxxxxxx」(自主規制)

---

・死亡時

「いやっ、えっ!今のは俺でも死なないよ!」
「アハハハハ(爆笑) えっ、何?なんでこの中落ちるの?」
「あっ」
「おおーし鍵ゲッえーーうわうわうわうわ」
「えっ俺何もしてないよ」
「え、この、このゲームなんなの?水に触れたら死ぬルールなの?」

 
スポンサーサイト
  1. 2010/01/23(土) 22:42:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョシュア・オブライエン ホワイト・グリント組み立て説明書

 

慣れないネクストの操縦を、起きしなのはずの敵機が追い立てる。
誘導ミサイルの爆炎が、プライマルアーマーを食い破り、散弾銃から掃き出される無数の弾が、機体に直に触れ、鋭い傷を付けていく。
「運命を受け入れろ」
ノイズと共に聞こえるたった一言が、さらに焦りを加速させるが、新たな通信が入ったのはその時だった。


---

185-1.jpg185-0.jpg

最初期のAMS被験体となる、アスピナのリンクス
極端な高速チューンを施した構築機体を駆り
淡々と確実に作戦を遂行する、理想的な傭兵

---

アーマード・コア4の発売日は2007年3月ですって。もうそんなに経つのか。

ジョシュア・オブライエンは、 ARMORED CORE 4作中では、戦場のエースとして高難度ミッションに駆け付け、状況を一変させる、ゲーム中で印象深い人物の一人であります
続編にも同名のACが登場しますが、役回りも、組み立ても、全く異なるものです

今回はAC4版、最初のホワイト・グリントの組み立てをまとめてみました


(C) FromSoftware, Inc. All rights reserved.
 

  [ジョシュア・オブライエン ホワイト・グリント組み立て説明書]の続きを読む
  1. 2010/01/21(木) 16:44:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0