インドア派。

日常のメモ書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「彼は情報のシナプスを辿っただけだよ。 君は…それが経験だと、言い切れるのかね?」

※一部修正しました




172-1.jpg





目と鼻の先。
目の前、彼女は、唐突にそこに居た。

気付かなかった、目の前にバケモノが居たことに、
無表情な彼女の指先が、青白くスパークしたのは見えた、受身を取る間も無く、
胸に受けた鋭い衝撃と同時に、視界が跳ね回る。衝撃に押し流されてそのまま、部屋の隅に叩き付けられた。
息が詰まるほどの電流が止まるまで、耐えるしかなかった。

呼吸ができない。ぼやけた視界を振り払う間に、彼女は再び近寄ってきている。
体制は立て直せない。
私は彼女を睨み付けながら、痙攣しながらうずくまる体に必死で力を入れる。

可愛らしい顔つきじゃないか。水色の瞳、左右に丸く纏めた金髪。
手痛い魔法さえ使わなければ、可愛い女の子なのに。

動かない体に次は無い。そう覚悟していたから、そんな阿呆も考えられたのだが。

二度目の至近距離。彼女は、未だ自由の利かない私の体に、馬乗りになったのだ。
顔を近づけてくる。水色の瞳で覗き込んでくる。何これ。女性経験の無い私は困惑しながら、目のやり場に困った。

彼女は無表情のまま、私の左頬に手を当て、ゆっくりと優しく撫でつけた。
乗りかかられて20秒。体の自由が戻っていたことに気付かない私は硬直したままだ。




おそらく間抜けな声だっただろう。小さな喘ぎ声だった事だけは救いだ。
それは仕方がなかった。初めての状況に、私の顔は紅潮していたはずだ。

私はそのまま、衣服をかき乱された、胸をはだけさせられ、脇腹から、上へ上へ、薄い胸板と、皮の付いた鎖骨、頼りない首元、細いうなじへと指先をなぞらせていく。
わけもわからないまま。驚くのと同時にぞくぞくした。まさか自分が、可愛らしい女性にこんなことをされるなんて。
私の体をなぞって玩ぶ彼女の表情は、少し緩んでいるように見えた。

彼女は指先の道順をさかのぼり、下りはじめた。さっきよりも強く線を引かれながら、自分が高揚していくのがわかる。
そのまま下っていく指は、スタート地点では止まらなかった。




といった夢を見たんですけど、
ええと残念ですが文章に起こすのはここまでです。


寝る前に見たCGサイトが原因だろうな。あのカトリは非常に刺激的だった。
あれが良かったんだと思う。      あ、いや、悪かったんだと思う。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/30(木) 05:48:55|
  2. RO的なやつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログって書くの続かない派なんですよね

ちょっと前の話なんですが

とてもドキドキな体験をしたのですよ


screenlisa235.jpg



ああもう
左下の自分の発言が邪魔、シラ太郎のHPゲージが邪魔いろいろ全体的に邪魔
大事なシーンなのに!


いや、単にキャラクターレベルの話をしてただけなんですけどね
いいよねこういう風に言われると
僕から離れないつもりなんですよ彼女
いいですねちょっとゾクゾクですよね


おやおや、
確かにぼくは今まで生きてきて、そういった相手は一人も出来たことないけど、
なんだい?なんだいその目は。
君たち、何かい、ぼくに何か文句があるのかい?
  1. 2007/09/06(木) 03:55:48|
  2. RO的なやつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の出来事

追加予定だったモチを見事買い逃す
プリズンブレイクを見た
火山付与30分
Fカップの人とニボーペア1時間

今日の戦績
+2%
実験と共に餅600個を盛大に浪費
元手の回収率は悪くないか
  1. 2007/05/09(水) 03:49:45|
  2. RO的なやつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラグナ日記

更新しないとどんどん更新しない法則が出てるので、今日からRagnarokOnlineの狩り日記を付けていくことにしたよ
僕のクルセイダーもLv98なんだ、友達も、僕を差し置いてオーラ出してるし、僕も負けてられないぞ


今日の戦績
+-0%
酒飲んでました
もう寝ますおやすみなさい
  1. 2007/05/08(火) 06:16:28|
  2. RO的なやつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年早々こんなスタート

Ragnarok Online



170-0.jpg
撮影協力感謝


ポタ屋というものをご存知でしょうか
最近ではめっきり見かけなくなりましたが、ワープポータル屋を縮めたその商店は、特定のポイントまで瞬時に送り届けてくれる、プレイヤー自身のサポートによるゲーム内移動手段の一つです
商売方法はこう。チャットを立てて、お客を待つ。それから、言われた場所へのゲートを開くだけ。以下くりかえし。
「下手な商人より儲かる」とはよく言ったものです

その盛況ぶりは今ではもう目が点になるような、「ポタ広場」と呼ばれる集まりができていた程で、
ポタ屋さんがかつての"巨大な"交通ラインという地位を獲得できたのも、memoポイントのフィールド上無制限、転送サービスの一時廃止、といったゲームの事情があったからです


今回はそんな、昔々のポタ屋さんに纏わるお話をひとつ。


ベータ2時代のその日の今日は、ログインだって難しい、昨日に負けじとラグ日和
その日の私は茂る枝から射し込む光をさえぎりながら、お散歩の帰り道、フェイヨン町中をウダウダと歩いておりました

トコトコ向かうは、出店を開くためのプロンテラへ通じるポタ広場。
程無く視界に広がる広場、今日も盛況、見知らぬアコ君の抱えている「ポタ)プロゲフェモロクお代任意」の看板を手の甲でふたつ、ココンッと叩きます

こんにちは、プロンテラへ送ってくださいな
「了解でーす」

スックと立ち上がってお互い準備を始めます。アコ君はゲートを開く準備を、私は代金を支払う準備を。
どうせ儲かってんだろう、という表情は包み隠して、ニコニコと500ゼニーを手渡しました
さてその時アコ君はどんな表情を致しましたでしょうか、今となってはわかりません。


「ワープ ポータル !!」
ポタ広場にアコ君の元気な声が響き渡ります。
一息置いて、しゃしゃしゃしゃっ、とゲートが開く、かと思いきや
その日はアコ君、調子が悪いのか、いやいやサーバの調子が悪いのか、ゲートは一向に開くそぶりを見せません。

「ワープ ポータル!! ワープ ポータル!!」
ケチなお客を待たせてはいかんとアコ君は何度も何度も手を合わせるのですが、やはりゲートは開いてくれません
ああラグか、「ああ、ラグです」


「これは困った」、ところふとアコ君の脇目に入った建物、宿屋。
宿屋の中ならサーバが違う、ラグも少しはましな方かも、
と、いうこと、は、お外で開かぬゲートを待つより、ちょいとこちらの広間を借りて、ゲートが開くか試してみたほうが得策か。
ピンと来たアコ君、私に向けてこう、おっしゃった



「しょうがないなぁ、」

「中で出しますね」

コーヒー噴いた

  1. 2007/01/11(木) 05:17:25|
  2. RO的なやつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。